MayJはハーフ?故郷はどこ?性格は?なぜバッシングされているの?

SnapCrab_NoName_2015-3-17_19-41-47_No-00

歌手のMayJさんは、昨年大ヒットしたディズニー映画
「アナと雪の女王」のエンディングを歌ったことで一躍有名となり、
紅白出場も果たしました。

しかし、彼女がメディアに登場すればするほど、
なぜか彼女に対するバッシングが後を絶ちません

スポンサーリンク

 

MayJさんが嫌われるのはなぜ?について検証してみました。

 

MayJが嫌われる3つの理由

SnapCrab_NoName_2015-3-17_19-42-4_No-00

彼女が嫌われる理由をあげるとすれば、

「歌手としてありきたりな属性」
「キャラがはっきりしない」
「オリジナル曲がない」

の3つに集約されるのではないでしょうか。

彼女は、日本人の父とイラン人の母とのハーフですが、
クリスタル・ケイや青山テルマなど、歌がうまいハーフは
実際よくいるジャンルで目新しい感じはしません

そして、そもそも芸能人でハーフというのは珍しい存在ではなく、
ベッキー、森泉、ダレノガレ明美など、ハーフの芸能人として活躍しているのが
みな強烈な個性の持ち主ばかりなのに対し、

MayJさんは、
何より、嫌われる原因で一番大きいのは、彼女のオリジナル曲がないことでしょう。

実際はあるのですが、MayJさんのオリジナル曲はヒットしないまま
「let it go」をはじめとした他の歌手の持ち歌を歌っていることから、
別名カバーソングの女王と揶揄されるほどです。

スポンサーリンク

 

よくいるハーフの歌手だし、
カバー曲の「アナ雪」ばかり歌って、何で紅白にまで出てるの??

バッシングの原因は、そんな世間の疑問からきているのではないでしょうか。

 

今後MayJがハーフの芸能人として生きる道

SnapCrab_NoName_2015-3-17_19-42-27_No-00

しかし、オリジナル曲がヒットしないで悩んでいるのは、
誰よりもMayJさん自身でしょう。

実際、彼女の下積み時代は長く、やっと念願のヒット曲が出たのに
このバッシングでは、普通心が折れてしまいそうですよね。

ところが、その下積み生活で培われた彼女の性格はとてもポジティブ

インタビューでデビュー後の苦労や挫折経験について聞かれたときも、

「(デビューした)14歳の頃からふてぶてしかった・・怖いもの知らずでしたね」
「立ち直りが早いんですよね」などと語っています。

彼女がその「ふてぶてしさ」を全面に押し出せば、もしかして新たなキャラで
タレントとしてブレイクする道もあるかもしれません


  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ