楽天・松井裕樹の性格は?甲子園での珍しい一面…彼女は?

2012年8月9日。
この日甲子園にいた方は、信じられない光景を目にしたと思います。

1試合22奪三振

延長戦でない場合、1試合で取れるアウトの数は最大27で、その
内の22個が三振。常識では考えられない数字です。
おそらく、今後も破られない記録になるでしょう。

それをやってのけたのが、当時桐光学園の2年生だった松井裕樹
選手です。
ストレートと全く同じ腕の振りで投げられ、打者から「消える」
いわれるスライダーを武器に、この年の松井選手は三振を次々と
量産しました。

1試合平均の三振数は17。1試合でも17個の三振を奪える投手
はほとんどいないことを考えると、それがどれだけ驚異的な数字
なのかがわかります。

その後、松井選手は5球団の競合の末に楽天に入団します。
1年目は即戦力という評価も厳しい結果に終わりますが、2年目は
抑えとして大活躍しています。

 

松井選手はどんな性格をしている?

SnapCrab_NoName_2015-6-8_17-8-19_No-00

そんな松井選手ですが、本人の性格はどうなのでしょうか?

まず、プロスポーツ選手らしく負けず嫌いの性格のようです。
投手向きの性格とも言われますね。

スポンサーリンク

 

また、輪の中心よりは、外側から見ていたい性格とも言われてい
ます。
甲子園での大活躍の後、記者たちが自分にばかり視線を向けていた
ことに対し、「なんで自分だけ・・・」とこぼしていたと言われて
います。

他にも甘えたがりの性格ともいわれ、2年生時、先輩の3年生
キャッチャーと、じゃれあっている姿がテレビに写されたことも
ありました。上下関係の厳しい高校野球では、珍しい光景と言える
でしょう。

 

彼女はいる?

SnapCrab_NoName_2015-6-8_17-8-6_No-00

さて、これだけ注目される松井選手だけに、彼女がいるのかも気に
なるところです。現在、付き合っている彼女はいるのでしょうか?

調べてみたところ、彼女がいるという情報はありませんでした

松井選手が在籍していた桐光学園は共学校ですが、男女別学という
システムを敷いていて、クラスや授業は別々になっています

スポンサーリンク

 

なので、直接女生徒とふれあう機会は少なかったはずです。
また、松井フィーバーがあまりに凄かっただけに、もし誰かと付き
合っていたならば、噂の一つも出ていたのではないかと思われます。

プロ入り後も、1年目はそれどころではなかったはずですし、彼女
作りは、ある程度成績が残せてからなのではないでしょうか?

 

まとめ

SnapCrab_NoName_2015-6-8_17-8-36_No-00

松井選手は1年目、先発としては結果を残せませんでした
しかし2年目を中継ぎとして迎えると、抑えのミコライオ選手の
離脱をきっかけに、守護神として抜擢されています。

その後の活躍はご存じの通りです。
もともと三振を多く取れる投球スタイルだけに、後ろの方が向いて
いるのかもしれませんね。

松井選手のプロ生活は始まったばかりです。それだけに、希望に
満ちあふれていると言えます。
いずれは甲子園で見せた以上の活躍までも、期待したいですね。


  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ