日本代表・青山敏弘の性格は独特すぎる?嫁は?経歴は?

SnapCrab_NoName_2015-4-17_16-12-54_No-00

最近サッカー日本代表で頭角を表しはじめた人物の一人に、サン
フレッチェ広島の青山敏弘選手がいます。

所属チームでは不動のボランチであり、同時にキャプテンも務めて
います。代表にはザッケローニ監督時代の終盤に招集されはじめ、
ブラジルワールドカップでの試合にも出場しています。

最近では代表初得点も決めるなど、まさにこれからという選手なの
ですが、代表ではかなり遅咲きの選手という印象です。

そんな青山選手は、どんな選手なのでしょうか?

 

青山敏弘の経歴

まずは青山選手の経歴です。
今まさに日本代表として活躍している青山選手ですが、彼の経歴
輝かしい経歴であり、そして苦難の経歴でもあります

スポンサードリンク

 

青山選手は岡山県倉敷市で生まれました。なんと中学までの同級生
にはフィギュアスケートの高橋大輔選手がおり、共に「青ちゃん」
「大ちゃん」と呼び合う仲だったそうです。

その後青山選手は地元のサッカーの名門校である「作陽高校」へ
進学、2年生の時にはボランチでレギュラーをとるまでになりま
した。

ところがそこで不運に見舞われます。
2002年高校選手権の岡山大会決勝で、劇的なVゴールを決めた
にもかかわらず、これを審判が見落としたため、ノーゴールとなっ
てしまったのです。

結局試合はPK戦の末に敗退。
青山選手には苦い記憶となってしまったのです。

SnapCrab_NoName_2015-4-17_16-12-18_No-00

それでも才能を認められて、現在も所属するサンフレッチェ広島
へと入団を果たします。しばらくは試合に出られない日が続きま
したが、現浦和のペトロピッチ監督に抜擢されてレギュラーを
獲得。チームの主力選手となりました。

しかし、ここでも苦難に見舞われます。
プロ入り後には大きなケガを繰り返し、長期離脱を幾度も経験。
そのことで、北京オリンピックのメンバー落選や、チームのJ2
降格などを味わうことになります。

現在はJリーグのベストイレブンに選出されるほどの選手になり
ましたが、そこに至るまでは苦難の経歴があったのです。

 

青山敏弘はどんな性格?独特すぎる感性に戸惑いも

そんな苦労話の多い青山選手ですが、本人は大変明るい性格です。
周囲に気を配ることもでき、リーダー向けの性格と言えます。
実際に、サンフレッチェではキャプテンを務めています。

スポンサードリンク

 

そんな青山選手は茶目っ気のある性格・・・というか、独特の
ユーモアの持ち主です。
ツイッターで、
「祝 結婚」
「あるある」
という字を胸のところに書いた上半身裸の写真を投稿したり、
ファンサービスでは自分から写真や握手を求めたりなど、好んで
周囲を楽しませようとします。

こんな性格だからこそ、みんなから愛されているのでしょうね。
独特すぎてついていけない、という意見もあるようですが。

 

お嫁さんはどんな人?子育てエピソード

SnapCrab_NoName_2015-4-17_16-12-18_No-00

青山敏弘選手はイケメンとしても有名です。
当然奥さんがいるのかが気になりますが、2010年に結婚
されています。

奥さんは一般女性で情報はほとんどありません。
しかしイケメンである青山選手の奥さんですので、美人なの
ではと評判になっています。

青山選手は子煩悩でもあるようです。
ツイッターで、奥さんに子供のおしめを替えるのを頼まれる
のが嬉しくて仕方がない、という内容の投稿がありました。

奥さんと二人の子供に囲まれて、楽しい日々を送っている
のでしょうね。

 

まとめ

青山敏弘選手は、決して順風満帆というサッカー人生ではありません
でした。
それでもめげずに、選手として確かな実績を残し、明るく笑って
いられるのは、本人の強い意志によるものなのでしょうね。


  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ